小児歯科について

小児歯科メインイメージ

乳歯だからむし歯になっても大丈夫だと思っていませんか?

お子さまのむし歯は放置すると永久歯に悪い影響を与え、むし歯や歯周病などになりやすいお口の環境になってしまいます。
また、噛むことにも支障が生じると、あごの成長や骨格へのトラブルを招くこともあります。お子さまの大切な歯の成長は、しっかりとケアをしながら見守ることが大切です。
当クリニックでは、問題の早期発見のために幼稚園や学校での集団検診だけでなく、半年に1度は歯科医師による定期検診を受けることをおすすめしています。

乳歯がむし歯になりやすい理由

なぜ、乳歯はむし歯になりやすいのでしょうか?
その理由は、乳歯の持っている次のような特徴にあります。

  1. 乳歯の質が永久歯(大人の歯)にくらべてやわらかい
  2. 乳歯の隣接面(歯と歯の間)にものがはさまりやすい
  3. 萌えたての歯は未成熟で特にむし歯になりやすい
  4. 萌えたての歯列はでこぼこしていてみがきにくい

むし歯の予防処置について

子どもの歯は大人の歯とは違うため、将来のことまで考えた治療が必要です。お子さまの歯を健全な大人の歯(永久歯)に育てていくことが小児歯科の目標です。

フッ素(フッ化物)の塗布

フッ素塗布フッ素には歯の質を強くしたり、むし歯菌の働きを抑える効果があります。フッ素を定期的に歯の表面に塗布することで、むし歯になりにくい歯を育てていきます。

シーラント処置

シーラント処置歯には複雑で細かい溝があり、特に奥歯は歯みがきをしても汚れを完全に取り除くのが困難です。
そこで、溝の中にむし歯菌が入り込まないように、溝の部分をプラスチック製の樹脂(シーラント)でふさいで、むし歯の予防をおこないます。

歯ブラシ指導 染め出し

ハブラシ指導歯に関心を持って、むし歯のない健康な歯を育てるために、ブラッシング指導をおこないます。保護者の方もぜひ、ご参加ください。

仕上げみがき
お子さんの歯みがきの習慣も大事ですが、保護者の方による「仕上げみがき」も大切です。十分に歯みがきができないお子さまのために、仕上げとしてみがいてあげましょう。

食事指導

食事指導お子さまの歯を正しく育てるための食事の仕方や食べ物の選び方など、歯の健康や成長を考えたアドバイスをおこなっています。

永久歯の生え変わりの時期

永久歯生え変わり時期

お口のお悩みは、土曜日も夜7時まで診療の当クリニックへ0566-81-8655診療時間 10:00-19:00 [日・祝日 休診]

初診WEB予約 お気軽にお問い合わせください。