コーヒーが健康にいい理由

こんにちは。
知立デンタルクリニック、受付担当の上田です。

みなさん、コーヒーはお好きですか?今回はコーヒーについてのお話ですが、そんな私はコーヒーが苦手で・・・💦カフェインレスを飲んでます😊
コーヒーは「飲み過ぎると胃が荒れる」「カフェインで眠れなくなる」などと言われていましたが、近ごろは「健康効果」が注目されています。
最近の調査ではコーヒーをよく飲む人の傾向として、心臓病や脳卒中での死亡率が低いということがわかっているそうです。
これは、コーヒーに含まれているポリフェノールの一種「フェルラ酸」に、血管をやわらかく保つ作用があるから。フェルラ酸にはコレステロールを食べてくれるマクロファージ(白血球に分類される免疫細胞のひとつ)を元気にする働きがあるので、コレステロールの処理能力が高まります。これらの効果によって血管を健康に保ち、心臓病のリスクが減少すると考えられています。

またコーヒーの「カフェイン」には適量であれば、脳の活性化、集中力アップなど仕事や勉強の効率を上げる働きがあります。さらに自律神経の働きや体脂肪の燃焼、基礎代謝の促進など、運動効率を上げる効果もあるので、運動前の摂取もおすすめです。

飲むだけで得られるコーヒーの健康効果ですが、どのくらいの量が適量なのでしょうか?
カナダ保健省が発表(2010年)している推奨カフェイン摂取基準値は、1日あたり健康な成人で400 mg(コーヒーをマグカップで約3杯)まで。カフェインの影響がより大きい妊娠中や授乳中の方、あるいは妊娠を予定している女性は300㎎(コーヒーをマグカップで約2杯)までとされています。

カフェインが気になる方には「カフェインレス」がオススメ。日本ではカフェインを90%以上取り除いたものを「カフェインレス」と表示する決まりがり、完全なカフェインレスではない場合があります。完全に取り除いたものを「ノンカフェイン」。「デカフェ」「カフェインレス」には微量のカフェインが含まれています。コーヒーを楽しみながら、上手に効果を活用しましょう。

初診WEB予約

知立駅前で歯科医院をお探しなら、訪問歯科診療(歯科往診)もおこなう、知立デンタルクリニックへ。
むし歯治療をはじめ、小児歯科・入れ歯・インプラント・セラミック治療・ホワイトニングなど、各種治療に対応。
お気軽にお問い合わせください。
外観

次の記事

お口の乾きは万病の元?!